ボーイスカートの男の娘が美少女過ぎて困ったけどナイスだった

ブロンドヘアーツインテの正攻法キャラにぶらりと付いて赴きひめドル!!を手に取ったワケですが、近くで見たらイラストが微妙に思えました。でも風味があるフィーリングを感じたので、食わず嫌いはやめて置き、どんなにリーディングを滑り出しだ。桐山??太郎という少年はハイスクールに入ったのですが、怪しい人というぶらりと遭遇します。彼の実家は美容室で、ライセンスがない桐山くんは雑用を通じていながらもおじいちゃんに憧れていたのです。一層彼は理美容学科へ入学として、どうしても大きい学内で迷子状態です。東京ドーム200個分のゼミナールとか、もはや意味がわからない階級ですね。因みに敷地内には、全然我が家みたいな教え子寮とかスーパーマーケット並みの買い込みビルなどがあるので、外へ生じる不要世の中とも言えます。桐山はスクールにたどり着いて卓で横の同級生を控えるといった、そちらへやってきたのは不良の女リーダーでした。それでも、この人、割と普通にお辞儀とかしてきて、どうにも不思議な感じがしますね。なので只、この辺りではどこがひめドル!!なのか謎のとおり推移していました。昼めし暇、おんなじ種別のダディーから、不良の逆横にアイドルがいるというニュースをゲットします。理美容科の方々を見ると、全部スーパースターみたいでエライ要素になっていました。例のアイドルは姿を見せないので、まだまだ気になりますね。なので桐山陣はアイドル科をいくと、無性に心に響く歌声が聞こえて来ました。彼女がおんなじ種別のアイドルだと思っていると、何気に波乱が待っていたのです。